27歳独身OL出会いアプリ体験

現在婚約中で、来月結婚します。

婚約中の彼との出会いは、なんと出会いアプリ!
まさか出会いアプリで知りあった人と結婚するなんて、私自身もびっくりしています。
しかも、出会ってから約半年のスピード結婚です。

1年程前、3年間付き合った彼と別れ、傷心まっただ中だったものの、気持ちを切り替えるために私は婚活を始めました。
友達にコンパを開いてもらったり、婚活パーティーに参加したり、結構頑張りました。
幸運にも、婚活パーティー等のザ・婚活市場という感じのところで、26歳(当時)という年齢はかなり有利だったので、色々お誘いを受けたものの、いまいちいい人と出会えないまま、数か月が過ぎました。

そんな時、友達の1人が出会いアプリで知り合った人と付き合い始めたのです。
最初聞いたときは「出会いアプリって…」と思ったのですが、彼女の話を聞いていると色々良さそうな気がしてきたので、帰宅して私も速攻で登録をしてみました。

アプリ選びの参考にしたのは、出会いアプリ【出会えるアプリランキング】というサイトで、そこで一押しのアプリをスマホに登録して使ってみました。

登録してすぐに、何人かとメールのやり取りをし、数人の人とすぐに会う約束をしました。

最初に会った人はあまり盛り上がらず(メールのテンションと会った時の印象が違い過ぎ)、2人目に会った人は一目見た瞬間生理的に無理!と思ってしまいました(ごめんなさい)。
正直、2人が不発だったので、出会いアプリなんてこんなものか…と思い、既にある約束はぶっちしようかな、と思いつつも先の2人も悪い人ではなかったし、とりあえず消化戦、と思って会いに行ったのが婚約中の彼です。

メールで受けてた印象と同じように、会ってみてもとても真面目な人で交換を持ちました。
さらにいうと、アプリ上でみた写真よりイケメンだったので、さらに好印象。
いい雰囲気でその日のデートが終わったので、また次の約束もその場でしました。

そのあとはトントン拍子でした。
3回目のデートで、結婚を前提に付き合うことにして、お互いの家の更新時期が近かったこともあって、2か月後に同棲を開始する約束。
一緒に住む家の契約が終わったところで正式のプロポーズ&両家への挨拶のスケジュールを決め…。

最初の段階で、学歴や勤め先を聞いて、私の結婚相手の条件をクリアしていたので、すぐに結婚願望があることを話せたのが良かったんじゃないかと思っています。
合コンで知り合った、友達の友達とかだと、こういうのも言いにくいし、全然知らない出会いアプリで出会った人だからこそできた、スピード婚だと思います。

最初登録したときには思ってもみなかった展開になり、いまはとてもハッピーです。

23歳独身女性市の臨時職員出会いアプリ体験

幸福の女神は意地悪だという。
彼女は入口と出口に違うものを用意している。
物事の始まりがよかったとしても、終わりがそうとは限らない。

私はそれを痛感した。

出会いアプリで彼を知ったことが、もう終わってしまったあの出来事のすべての始まりだった。
私は、そのとき自暴自棄な気分になっていた。
登録した出会いアプリでとにかく、動きまくり、行動した。ネットの中で。
そしてあの男を知ることになる。

死にたいほどに絶望していた気分の私は、あの男と出会ったことで生きる気力を蘇らせることになる。
理由は、その男に恋をしたからだ。そしてそれがトントン拍子に進み、付き合うことになったからだ。
彼は城田優にそっくりのハーフのイケメンだった。年下なのに、大人っぽくて色っぽくて包容力もあり
イチコロになった。

始まりはとても良かった。
でも、そこから歯車が狂い始める。
きっかけは彼が金銭的な事情でホストになったことが大きい。
そしてその仕事に私が少しでも関わりを持ってしまったことも大きい。なぜならその店を紹介したのは、私だからだ。
複雑な気持ちだったが、知らない店で働くくらいなら私が選んだ店にして欲しかった。
でも、彼がホストになったこと。これが転機だった。

最後は泥沼だった。
お互いに裏切られた不信感が重なり、終わりを迎えた。

始まりは愛だった。底なしの信頼感があった。
終わりは、憎しみだった。

ね、入口と出口が正反対でしょ。こんなに皮肉なことはないよ。ここまで極端だとね。

終わったあともそれは私の中に、とどまっている。
痛い。初めて痛みを知った。
そして自分が何を失ったのかを知った。それは自尊心だ。

スマートフォンで始まる恋愛体験